読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車に乗るときは食事に気をつけましょう

最近松阪は雨ばかりです。
ですが、僕の日ごろの行いがいいのか日曜は快晴。

シュバっと準備して、出発です。今回は峠を3つ越すコース。
・青山峠(500m)
・拇坂峠(700m)
・飼坂峠(450m)

どれもあまり高くないですが、僕にとってはかなりのチャレンジです。
まずは青山峠。
ここは何度か登っているのですが、途中足を着かずに登りきったことがありません。
なので今回こそは制覇!!
そんな勢いで登ったのですが、開始5分ほどでもう死にそうw
しかし「次のカーブまでは足を着かない」これを繰り返して何とか頂上のトンネルに到着。
トンネル前で「おっしゃ!!!」と叫びながらガッツポーズです。
タイムは6.2kmを29分でした。これからこの記録を塗り替えていけるよう頑張らねば。

青山峠制覇!!!


しばしの下りを楽しみ、名張を越えて奈良に到着です。
ここで偶然見つけたお店に気になる定食が。
う〜ん、食べるべきか。と5分ほど悩み結局食べることに。
(これが災いになろうとは知る由も無く)
でてきたのは美味しそうなエビフライです。
ただ、少しばかり大きいです。

ジャンボエビフライ定食1700円(高い!)

肉厚がすごい!


お腹もいっぱいになったことだし、さー元気に出発です。
あれ?
何か調子が悪い。
横っ腹は痛いし、頭痛も少しする。 おまけに眠気まで。
そうです、完全に食べすぎです。
しかも揚げ物を食べたせいで、消化に負担がかかっているようです。
う〜む、これはやばいです。
これからは消化の良いものを腹5分目くらいに抑えて食べたほうが良いな。


引き返すわけにも行かないので、スローペースで走り、休憩しつつ拇坂峠を目指します。
拇坂峠は思っていたよりゆるい登りだったので助かりました。

拇坂峠の三連トンネルの一つ「弁財天トンネル」



通りすがりの「道の駅御杖」


後は特に厳しい道もなく飼坂峠のふもとまで到着です。
しかし、飼坂峠を登る体力は残っていないので迷ったあげく別のルートで帰ることしました。
へとへとになりながらどうにか家に到着です。
今回はジャンボエビフライにやられました。
峠より恐ろしいです。
嘘です。峠のほうが恐ろしいです。


ではでは。


■青山峠-拇坂峠
Time 06:03:40 Dist 136.95km Avg 22.5km/h 64.5km/h


人気ブログランキングへ