読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己最高速度

この世で人力駆動最速な乗り物が自転車でしょう。
そのなかでもロードバイクは速く走ることに重点を置いた種類です。
なので素人な僕が乗っても、平地なら30km/h程で巡航できます。
(長距離は無理だけど)


そんな速く走れるロードバイクでも僕の最高速度は60km/hの壁を越えることができませんでした。
けど最近ついにその壁を越えて、64.5km/h達成です!!
(坂道を利用しての速度ですが)
走ってるときの風圧といったら、すごいものです。
そしてかなりの爽快感。ほんの一瞬だけど、たまりません。
だけど神経を研ぎ澄ませて、路面や前方を確認しないと大きな事故につながりかねないので怖いというのもあります。
でもプロはスプリント時、平地を70~80km/hで走るんですから末恐ろしい。


ちなみに世界記録はもっとすごいらしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A#.E9.80.9F.E5.BA.A6.E8.A8.98.E9.8C.B2

平地での単独走行での最高到達速度記録はカナダのサム・ウィッティンガムが2002年にカウリング(風防)をつけたストリームライナーで達成した130.36km/hで、これは人力駆動の乗り物による自力最高速度記録でもある。なお、下り勾配での重力加速度を利用したケースでは2007年8月にオーストラリアのマルクス・ストエケルがマウンテンバイクで達成した210km/hが記録されている。平地での公式最高速度記録は1995年10月3日にオランダのフレッド・ロンベルバーグが記録した268km/hである。これは、一時的に自転車が高速鉄道に匹敵する速度に達したということを示すものである。ただし、この記録達成に当たっては、前方に風よけ板を付けた車を走らせ、スリップストリームに入り込んで走るという策が用いられた為、自転車単独での純粋な能力を示す記録とは言い難い。


ではでは。

人気ブログランキングへ