読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツール・ド・フランス

bicycle

日本人選手が13年ぶりに出場ですって!!
総合 - 毎日jp(毎日新聞)

日本時間4日夜、モナコで開幕する世界最大の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」(以下、ツール)に、新城幸也(24)=ブイグテレコム(フランス)=と別府史之(26)=スキル・シマノ(オランダ)=の2人が出場する。日本人選手の出場は1996年の今中大介以来で、戦後2、3人目。ともに6月のフランス国内レースで好成績を残すなど調子を上げ、チームの選手に選ばれた。新城は「集団の中に日本人が2人いるというのは楽しみ。心強いし、いい刺激になる」と意気込んでいる。


しかも第2ステージで5位入賞。日本人として史上最高成績!!
スポーツ - 毎日jp(毎日新聞)

世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは5日、モナコ−ブリニョール(187キロ)の第2ステージを行い、新城幸也ブイグテレコム)が大会史上で日本選手のステージ最高順位となる5位に入った。


ん?ツールドフランスを知らない?
ツール・ド・フランス - Wikipedia

毎年7月に23日間の日程で行われるステージレースで、距離にして3300km前後[2]、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走りぬく。フランス国内でのレースが中心だがイギリス、イタリア、スペイン、ベルギー、モナコなど周辺国が舞台になるステージもある。ステージ数は1993年以降、「プロローグ」を含めて全21ステージが定着しているが、それ以前はもっと多いステージ数で争われることもあった。平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアルステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされているが、山岳の比重が大きくなることの多いジロ・デ・イタリアブエルタ・ア・エスパーニャに比べて平地ステージと山岳ステージのバランスがとれた構成となっている[3]。

1社ないし数社のスポンサーの名を冠した9人編成(最低6人)のチームが、20〜22チーム参加する。出場する選手の国籍はヨーロッパだけに限らずアメリカやオーストラリア、カザフスタン、コロンビアなど多様である。

総合成績1位の選手には「マイヨ・ジョーヌ」と呼ばれる黄色のジャージが与えられるほか、スプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。

賞金総額は2009年の場合で約320万ユーロ、うち総合優勝者に45万ユーロとなっているほか、各ステージ優勝やスプリント賞・山岳賞などに細かく賞金が設定されている。

レースはこんな感じ。


ちなみにツールドフランスに出てる人は人間じゃありませんw(超人的な意味で