読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tooxリニューアルして2度目のリリース!!

tech

Tooxリニューアルしました!!

Tooxって何?

TooxではWebで使えるシンプルな「メモ帳」「ブックマーク管理」「お小遣い帳」を提供しています。
Toox

  • My Note : 思いついたアイデアや予定をすぐにメモできます
  • Link Stock : 後で読みたいリンクをどんどんブックマークしていきます
  • Money Tag : 使ったお金を簡単に記録できる手軽なお小遣い帳です

Tooxは2010年1月1日に最初のリリースをしましたが、このたび機能・デザインを新しくして2度目のリリースを行いました!!最初のリリースはBeta版でもなくAlpha版でもなくPreAlpha版くらいだったので、今回のリリースでようやくまともに使えるようになったかと思います。それでもPreBeta版くらいかな(苦笑)


というわけでリニューアルしたTooxをご紹介。

My Note (メモ帳)

「簡単に・楽に・速く」をポイントに改善を行いました。


今まではノートの読み込み時に画面のリロードが発生していました。この点を改善して、ノートを読み込んでも画面のリロードが発生せずノートの内容だけを読み込むようにしました。これで違うノートの編集もスムーズに行えます。ノートの保存、削除時にも同じように改善しました。


それとショートカットキーを充実させました。

  • Ctrl + S : ノートを保存します
  • Ctrl + L : ノートを読込ます
  • Ctrl + D : ノートを削除します
  • Ctrl + M : ノートを大きな画面で表示します
  • Ctrl + ↑ : 上のノートに移動します(ノートの読み込みは行われません)
  • Ctrl + ↓ : 下のノートに移動します(ノートの読み込みは行われません)
  • Ctrl + H : 区切り線を挿入します(IE非対応)


このなかでCtrl + Mを使って表示できる「大きな画面」とはこんな感じです。

ブラウザの領域をほぼ100%使用してノートを編集することができます。ノートの内容が多い時に便利だと思います。閉じるときは左上のアイコンをクリックします。


それと細かいところですが、編集中のノートはタイトル左に表示されているアイコンが変更されます。


もうひとつ細かいところですが、ノート保存時に前回保存したときの時刻を確認するようにしました。これは異なるPCでノートを編集している時に、古い内容で保存してしまうのを防ぎます。

Link Stock (ブックマーク管理)

「保存したことを忘れいる昔のリンクを見つける」をポイントに改善をおこないました。といっても、検索やタグといった機能ではないです。


左側にアイコンのリストが表示されます。これは保存してあるリンクをサイト(アイコン)別にまとめたものです。順番はリンク数の多い順です。このアイコンをクリックすると、そのサイトだけが表示されます。これでリンクを探しやすくなったと思います。全てのリンクを表示させる場合はいちばん左のランプアイコンをクリックしてください。


各リンクの双眼鏡アイコンをクリックしても同じように動作します。


1つ注意点として、アイコン別にまとめているのでアメブロなんかだと、違う人のブログでも同じものとしてまとめられてしまいます(アメブロ全体で同じアイコンを使ってるから)


それとリンクをTwitterに投稿できるようになりました。「タイトル」「URL(bitly短縮)」「Tooxのハッシュタグ」をTwitter投稿画面のテキストエリアに自動で入力します。
(ハッシュタグは消しても問題ありませんが、付けておくとTwitter上で検索できるので便利だと思います)

Money Tag (お小遣い帳)

「今どれくらいの支出なのか簡単に見たい」をポイントに改善を行いました。


支出を簡単に見るにはグラフしかないですよね。ということで当月の支出(円グラフ)、過去の支出比較(棒グラフ)を表示できるようにしました。これで使いすぎを把握できて節約に貢献できる(はず)


細かいところですがもう一つ。今まで支出を登録する度に画面のリロードが発生していましたが、これを改善しました。支出を入力しても該当部分だけが変更されて画面のリロードは発生しないようになりました。これで連続で支出を入力しやすくなったと思います。




ちょっと長くなりましたが、気合を入れてリニューアルしたのでご勘弁ください(笑)

興味をもっていただけたかたはぜひ一度使ってみてください。登録不要のゲストアカウントも使っていただけます。

http://toox.jp/about.rb


(今回のリニューアルは最初のリリースよりもずいぶん疲れましたなー)