読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu10.04へのtracのインストール覚え書き

個人的にwikiが必要になったのでUbuntu10.04にtracをインストールしました。今回はその覚え書きです。
The Trac Project

Trac is an enhanced wiki and issue tracking system for software development projects.

wiki + ticket + svnは社内でも結構使われているみたいです。
まあ僕の場合は今のところwikiだけしか使わないので、pukiwikiとかでも良かったんですけどね。

tracの設定

sudo apt-get install trac trac-ja-resource libapache2-mod-python

#tracで使用するディレクトリ作成
mkdir ~/www/trac

#tracの初期化
trac-admin ~/www/trac initenv

#apacheからのアクセスで使えるようにオーナー変更
sudo chown -R www-data ~/www/trac

#何故かjquery.jsへのリンクが無かったので作成
sudo ln -s /usr/share/pyshared/trac/htdocs/js/jquery.js /usr/lib/python2.6/dist-packages/trac/htdocs/js/jquery.js

#何故かロゴも無かったのでコピー
sudo -u www-data /usr/share/pyshared/trac/htdocs/trac_banner.png ~/www/trac/htdocs/your_project_logo.png

#wikiの日本語化(メニューは日本語化できないのかな?)
sudo -u www-data trac-admin trac/ wiki load /usr/share/trac-ja-resource/trac/wiki/default-pages

#管理者を設定
sudo -u www-data trac-admin ~/www/trac permission add admin-user TRAC_ADMIN

#ロゴのリンク先を変更
#link = /trac
sudo -u www-data vi ~/www/trac/conf/trac.ini

#tracで使うベーシック認証のアカウントを作成
htpasswd -c .htpasswd trac-admin

apacheの設定

/usr/share/doc/trac/README.Debian.gzを参照

<VirtualHost *:80>
  DocumentRoot /home/hoge/www
  ServerName hoge.jp

  <Directory />
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride all
  </Directory>

  ErrorLog /var/log/apache2/error.log
  CustomLog /var/log/apache2/access.log combined

  <Location /trac>
    SetHandler    mod_python
    PythonHandler trac.web.modpython_frontend
    PythonOption  TracEnv /home/hoge/www/trac
    #PythonInterpreter main
    PythonOption TracUriRoot /trac
    #SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /tmp
  </Location>

  <locationMatch "/trac">
    AuthType Basic
    AuthName "trac"
    AuthUserFile /home/hoge/.htpasswd
    Require valid-user
  </locationMatch>

</VirtualHost>

Webから設定

ここまで設定できたらapacheを再起動して、ブラウザでtracにアクセス。
先ほど作った管理者ユーザでアクセスして、一番右端のadminメニューから各ユーザの設定。
(僕はここでanonymousから全権限を削除しました)