読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車通勤のその後

bicycle

自転車通勤禁止令が出てから、会社の人(社長、管理部)と話をしてみました。
その結果就業規則等の整備ができてないので、最終的な結論はもう少し待って欲しいとのこと。多少望みがつながった感じです。社長も個人的にはじて通させてあげたいと言ってくれましたが、経営者として会社のことを考えると社員の事故について心配してしまうそうです。
12月初めに社労士の方と話をしてくれるそうです。まぁ、今のところじて通禁止な気配濃厚ですけどね。
もしじて通が認められたとして、もっとも良いパターンでも以下のようなものでしょう。
・通勤手当が出ない
・労災が認定されない


というわけで1ヶ月あたり「20日電車通勤」と「10日じて通、10日電車通勤」を比較して、失うもの/得る物をまとめてみます。
■失う物

  • 1万円/月
    • 10日 x 1000円(往復電車賃)
  • 13時間/月
    • 1日あたり[ 朝早く起きる1時間 + 電車通勤1時間 + コンビに立ち読み30分 ]
  • 安全
    • 交通事故に合う可能性と被害レベル

■得る物

  • 600km/月
    • 10日 x 60km(往復距離)
  • 12000kcal/月
    • 10日 x 1200kcal(往復消費カロリー)
    • 実際は消費するものだから失う物だな(笑)
  • 肉体的充実
    • 体力向上
    • 脚力向上
    • 良い睡眠
  • 精神的充実
    • 自転車に乗れることの満足感
    • 通勤時の憂鬱からの開放


「失う物」に関してはお金がつらいね。時間は無駄にしている時間だからいいんだけどねー。安全性はノーコメントです。
1万円/月出費が増えるのは痛いです。節約生活を余儀なくされそう。


「得る物」に関してはやはり距離が一番大きいかな。通勤で600km稼いだら、月間1000kmも夢でない!!余計な脂肪を落とせるのも、肉体的充実、精神的充実もどれも魅力的です。


つまりは1万円払ってもこれらの「得る物」が欲しいかというところですね。もう少し給料があれば迷わずすむのに。給料がいくらかは伏せておきます。


結局のところ悩むのはじて通が認められてからで良いかな。多分認められないんだろうけど。。。


ではでは。