読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに"Realforce91UBK"

か、軽い。そして、しっとりしている。
それが僕のファーストインプレッション。
何のことかと言うと、今日届いたキーボード「東プレ Realforce91UBK」のことである。

軽さに驚く

今までノートPCしか使ったことが無く、最近外付けキーボードに乗り換えて少し使っていたんだけど、重い。
同じパンタグラフでストロークも浅いものを選んだけど、全然だめだった。
ほんの一日家で(軽く)プログラミングしただけで、手が痛くなりました。特に小指。
(そのおかげでRealforceを買うことに踏み切れたんだけど)
それがこのRealforceだと凄く軽い。ストロークが4mmとノートPCに比べると深いのにも関わらずこの軽さ。これでストロークが2mmとかなら想像を絶する軽さな気がする。
もちろん4mmでもノートPCと同等に軽い。「軽さこそが正義」これは自転車だけじゃなくて、キーボードにも言えるようだ。

しっとりに驚く

僕が買ったのは黒色です。だからかもしれないけど、キーボード表面がしっとりしている(気がする)。
打鍵音も普通のキーボードの「ガチャガチャガチャ」とは違って「トントントン」ということもあってしっとりと感じるのかもしれない。
(少し大げさに言うなら、しっとりしたクッキーの表面を打っているような感じ)

少し気になる点

今この記事を書いているときに起きたのが、キーが遅れて入力されるという現象。これはPC自体に原因があるのかもしれないけど。
それとストロークが深い分、同じキーの連続入力は少し打ちにくい気がする。今までノートPCに慣れていたので、ストロークの深さはやはり気になります。でもこれは慣れれば問題ないと思う。




少し気になる点もあるけど、さすがは普通のキーボードの何倍もするだけのことはある。
(上で酷評したキーボードは2000円で、Realforceは17000円)
仕事で大量の文字を入力する人には断然オススメできる。腱鞘炎になってるような人は本気で購入を考えるべきだ。
(キーボードにしては凄く値段が高いものなので、試し打ちすることをオススメするけど)


もう少しして手になじんできたら、また違う印象になるかもしれないけど、とりあえず今はこんな感じ。


ではでは。